1919年から留学生たちを中心に京都市中京区壬生西新道に集って、礼拝を献げました。
      その後、京都帝国大学医学部研究生として来日していた崔明鶴氏が、1925年当時京都市

      中京区壬生高通町60-43番地にある家屋で4~5名を集めて礼拝を導くようになります。

      京都教会の誕生です。
      現在の礼拝堂は、2006年12月16日に起工式礼拝を献げ、2007年12月9日に竣工式と

  入堂礼拝を献げました。 献堂式礼拝は2008年3月30日に献げた第3代目の礼拝堂です。



      1919년부터 유학생들을 중심으로 京都市中京区壬 生西新道에 모여서 예배를 드렸습니다.
      그후 京都大学医学部研究生으로 유학중이던 崔明鶴씨가 1925년 京都市中京区壬生高通

      60-43番地에 있는 자택에서 4~5名이 모인 예배를 인도하여 京都教会가 설립되었습니다.

      현재 예배당은 2006年12月16日에 기공식예배를 드렸고 2007年12月9日에 준공식과

  입당식예배를 드렸습니다. 헌당식 예배는 2008年3月30日에 드린 세번째 예배당입니다.